腰痛で歩けない人の原因と腰痛マットレスを使った具体的な対策!

wheelchair

腰痛で歩けない人は原因を知って腰痛マットレスでの対策がオススメ!
wheelchair

腰痛がひどい、という人は世の中に無数にいますが、歩けないというくらいひどいと重症です。

歩けないと仕事や学校に行かれなくなってしまいますし、買い物だってお願いしなければなりません。

日常生活に支障をきたす、とはこのことです。なぜそんなに重症になってしまうのでしょうか。

筋肉や関節が問題になる事がある!

pelvis
腰痛は内臓の深刻な病気から来ている場合もありますので、まずは検査してみることが大切です。
しかし、たいていは筋肉や関節の問題が発端となっているケースが多いでしょう。

骨盤周りのトラブルから腰が痛くなる、というケースがよくみられます。

また、仕事などの過労から体を休められずに疲労が溜まりに溜まって腰にでてきた、という人も多いようです。

ぎっくり腰のような急激に痛みが出る場合は安静にしていると徐々に回復する場合もあります。

疲労が溜まっている場合は特に、仕事を休めば治る、という人も多いようです。

しかし、神経が圧迫されて痺れとなり挙句の果てに歩けない、というケースは深刻です。

痛みが痺れになり、痺れがマヒになると回復できるのかどうか、危うい場合もあるからです。

妊娠中や臨月の人は腰痛で歩けなくなることも!?

またお腹に赤ちゃんを抱えている妊婦さんも腰の痛みを訴える人が多いのです。



腰痛マットレスランキング2017決定版はコチラ!

赤ちゃんはお母さんのお腹の中でどんどんと育っていき、出産時には3キロや4キロという重さで出てきます。

それだけの重さを体の前面に抱えていると、どうしても重心が前のめりになってしまうのです。

前のめりになり過ぎて倒れてしまわないようにと、お母さんは無意識のうちにバランスを取ります。

つまり、立った時にふんぞり返ったような、体を反らした姿勢になってしまうのです。

そうすると背中や腰に普段かからないような負担がかかってしまい、腰痛として出てきてしまうのです。

また、妊娠中に関係する別の要素はホルモン分泌の影響です。しだいに臨月が近づいてくると体が出産の準備を始めます。

出産時には大きな赤ちゃんが出てこれるように骨盤が緩みます。

それを促すのが「リラキシン」と呼ばれるホルモンなのです。

これが出始めると普段しっかり結びあわされている骨盤が緩みだしますので、お母さんとしては筋肉を締めることでなんとか日常生活をこなしていこうとするのです。

普段使わない筋肉を必死で緊張させますので、当然筋肉痛になり、それが腰痛として意識されるのです。

寝るだけで簡単に出来る!腰痛専用マットレスで対策をとろう!

mattress3
特に妊娠中の腰痛で悩んでいる場合には、痛いと同時に布団の上で思うように力が入らないことが多いものです。

寝返りを打とうとしても重いお腹が邪魔をしてしまい、反転するだけで一苦労です。

また、関節の緩みがでていると下半身に力がうまく入りません。

そういう時に高反発ウレタンフォーム素材を使った腰痛専用マットレスがあると助かる、という妊婦さんが多くいます。

強い反発力が押し返してくれるので、弱い力でも寝返りを打つことができるのです。

姿勢を変えると痛みが収まることも多いので、布団の上での寝返りがしやすい腰痛専用マットレス、例えばモットンのようなマットレスが心地良い、という人が多いようです。


rank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です