腰痛マットレスの効果をアップさせる運動方法について

gymnastics

腰痛マットレスの効果をアップさせる!腰痛解消おすすめの運動

gymnastics
腰痛の原因がどこにあるかにもよりますが、筋肉を鍛えると腰痛の解消につながる場合もあります。

腰痛予防になる体操の一つがスクワットです。

スクワットというとプロレスラーがするような過激な運動というイメージがあるかもしれません。

しかし、やり方と頻度に気を付ければ腰痛持ちでもできるのです。

スクワットで筋肉を鍛える事で腰痛改善!

squat
腰痛になる原因として、筋力が弱いことがあげられます。

普段の生活や仕事でかかる負荷を支えるだけの筋力がないと、関節に負担がかかるため腰痛になりがちです。

普段からかかる負荷がかかっても筋力で支えられるくらいに鍛えておくと、腰痛の予防となるのです。

スクワット体操をすると腿の筋肉やお尻の筋肉、そして背中の筋肉を鍛えることができます。

肩幅に両足を開いて立ち、上体をまっすぐにしたまま膝を曲げて15センチほど腰を落とします。

そのままの状態で数秒キープし、ゆっくりと元に戻します。



腰痛マットレスランキング2017決定版はコチラ!

スクワットは腰を落とした状態で止まることで筋肉が鍛えられます。勢いはつけません

腰を落とした状態をキープすると筋肉が固まり力が入ったままになります。

その状態ですと血流が流れません。

すると筋肉は酸素不足となり乳酸がたまるのです。

脳はかなりすごい運動をしたと勘違いをして成長ホルモンを分泌します。

こうして、負荷の軽い運動でも筋力がつくので、運動で体を傷める危険なくトレーニングができるのです。

筋肉がコルセットの代わりなる!

muscle
腰痛がひどい時にコルセットをすることもあります。

あまりにひどい損傷をしたり、痛めたまま重い荷物を運ばなければならない時は、コルセットで腰回りを保護することも大切です。

しかし、痛みがひどくない時にスクワット体操で筋力を鍛えておくと、自然のコルセットが腰を保護してくれるようになります。
ここが大事です。

補助器具としてのコルセットを常用してしまうと、体がそのコルセットに頼ってしまい筋力が逆に衰えていきます。

コルセットはあくまで痛みが激しい時や、やむを得ず重い荷物を運ばなければならない時に限りましょう。

少し痛みが治まってきたら、少しずつスクワットなどの筋力トレーニングを始めて、自然のコルセットで自分を守りたいものです。

太ももからお尻、腰回り、そして背中とバランスよく筋力アップできれば、関節にかかる負担も軽くなって腰痛が軽減できるかもしれません。
日ごろの心掛けで予防することが快適な健康ライフへとつながっていくのです。


rank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です