自分の体に合っていないマットレスを使っていると腰痛が悪化する

sleeping-lady3

sleeping-lady3
人生の3分の1の時間を過ごす睡眠。

その時間をどう過ごすかは健康にかなり影響するものです。

起きているときの姿勢に注意するように、と指摘された腰痛持ちの方も多いでしょう。

ならば、寝ているときの姿勢もかなり気をつたほうがよさそうです。

寝ている体を支えるマットレスの重要な役割と腰痛効果

bed-mattress
マットレスや布団選びで苦労していると、「なぜ人は寝る時にマットレスや布団といった寝具を使わなければならないのだろう」というそもそも論が頭に浮かぶものです。

その答えを得るには、固い床に寝てみるとよいでしょう。

固い床にそのまま寝ると、たいていは腰が痛くてかなわないものです。

では、固い床にじかに寝ると腰が痛くなるのはなぜなのでしょうか。

人間の体は曲線でてきています。平らな床に仰向けに寝ると、腰の下に隙間ができるのが普通です。

それは、人間の背骨は自然にS字カーブを描いているからです。

平らで固い床に寝ると、体が床と接する部分と接しない部分が生じます。

接している狭い面積だけで自分の体重を支えなければならないため、当たっている部分が痛くなるのです。

圧迫された部分の筋肉が血行不良を引き起こし、緊張から腰痛になりやすい状態になります。

また、もともとS字を描いている背骨がまっすぐになってくると筋肉が引っ張られてしまい緊張状態が続いて腰痛になってしまうこともあります。

曲線の人体を平らな床面で支えようとするので、無理があるということなのです。

柔らかすぎるマットレスは腰痛に良くない

marshmallow
平らな床で曲線の人体を支えるのに無理があるなら、体の線に沿ったマットレスを使えばいいということになります。



腰痛マットレスランキング2017決定版はコチラ!

柔らかい体が沈み込むようなマットレスならどうでしょうか?

実はそれも腰痛を引き起こす場合があります。

人間は寝ている間も体を無意識に動かしています。寝返りを打つ、といいますね。

しかし、低反発マットレスのような体がグッと沈み込むようなマットレスに寝ていると、体を回転させようとしても手ごたえがなく寝返りが打てません

寝返りを打てないで同じ姿勢のまま朝まで寝ていると、なんだか体がダルいと感じたりします。
それはなぜでしょうか?

人間が寝返りを打つのは血流をよくするためだと言われています。

柔らかすぎるマットレスのために寝返りが打てないと血行が悪くなり、疲労物質が除去されないで腰痛になっていくケースがあるのです。

低反発マットレスの代表的な商品にはトゥルースリーパーがあります。

また、柔らかすぎるマットレスに寝ると腰が沈み込みすぎることもあります。

立っている時の正常な背骨のS字よりもまっすぐになってしまいます。

ストレートバックという状態です。これは決して正常な状態ではありません。

腰に疲労をためて腰痛になりやすいといえます。

その逆に高反発マットレスでは体圧の分散をうまく行うことが出来るので腰痛効果が実感しやすいと言われています。中でもモットンのマットレスは高反発マットレスの中でも腰痛改善が見込める商品と評されています。

また、高反発マットレスの腰痛効果についてはこちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

背骨のS字カーブを維持して圧力が分散する腰痛マットレス

s-curve3
こうした寝ている時の人体の様子を考えると、体に合ったマットレスは背骨の自然なS字カーブをしっかりキープしてくれるマットレス、そして体の一部だけに体重がかからず圧力が分散するマットレスがよいということになります。

固すぎず柔らかすぎず体の体重をほどよく分散してくれる寝具が、ぐっすりと休めるものといえるでしょう。

当サイトでは腰痛マットレスのランキングを口コミや、現役の整体師の協力を得て作成しています。こちらの記事も合わせて読んでみてください。


rank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です