腰痛マットレスの効果をアップさせる!おすすめの腰痛ストレッチ方法

stretch5

腰痛マットレスの効果をアップさせるおすすめストレッチ!

stretch5
普段から腰痛でお悩みの人なら、腰痛解消ストレッチ体操を行うことで腰痛マットレスの効果をアップさせることが出来ます。

腰痛そのものの原因はなくならないとしても、症状を軽くすることができるからです。

その場しのぎも大切です。

お尻の筋肉ストレッチで姿勢を正して腰痛改善!

stretch6
お尻の筋肉は腰に直結しています。

疲労はたいていの場合に下から上に上がってきます。

まず足先からふくらはぎ、ハムストリング(腿の後ろ)、お尻そして腰と来るのです。

疲労がたまると筋肉が固まり、血液も流れにくくなっていきます。

まずは腰の真下のお尻の筋肉からほぐしていきましょう。

足を伸ばして座ります。

片方の膝を曲げて立て、もう一方の足の上からクロスさせます。

立てた膝を手でググッと引き寄せると、お尻の筋肉が伸びていきます。

今度は足を入れ替えて、もう一方の足をクロスさせお尻の筋肉をストレッチします。

この時に、伸ばすお尻の筋肉に意識を集中させて、どれくらい伸びているかどれくらい痛いかを感じながら伸ばしていきましょう。

痛くなる直前で止めるのがコツです。

ストレッチは筋肉をほぐすために行ないますが、痛みを強烈に感じてしまうと体は危機感を感じて逆に緊張してしまい逆効果です。

「痛い」という感覚と「気持ちいい」という感覚のギリギリのあたりで止めて、その感覚を楽しむのがストレッチのよい方法です。



腰痛マットレスランキング2017決定版はコチラ!

ハムストリング(腿の後ろ)のストレッチで腰の痛みを緩和する!

stretch7
足を伸ばして座ります。片方の足をあぐらをかくように曲げます。

もう一方の伸ばした足と同じ側の手を伸ばし、足先を触るようにします。

すると、腿の後ろのハムストリングがググッと伸びるのがわかるでしょう。

この時も、「痛い」と「気持ちいい」のギリギリのあたりで止めるのが肝心です。

伸ばした手が足先についてもつかなくてもかまいません。

腿の後ろの筋肉が伸びれば、それでいいのです。

腿の前のストレッチで腰痛解消!

seiza3
足を伸ばして座ります。片方の足だけ正座をするように曲げます。

その姿勢から上体を徐々に後ろに傾けていきます。

傾けるにつれて、桃の前面の筋肉が伸びていくのがわかるでしょう。

この時も無理に伸ばしたり、勢いよく伸ばすのは厳禁です。

片方の手を体の後ろについて、体重を預けながら徐々に上体を後ろにそらしていくのがいいでしょう。

腰痛マットレスはお風呂上りが最適!

bath-time3
ストレッチをするには、体が温まっているお風呂上りに行なうのが最適です。

筋肉も緩んでいるので伸びやすいですし、傷める危険も少ないのです。

ストレッチをするときには30秒から1分ほど伸ばした状態をキープしましょう。

音楽を聴きながら、テレビを見ながら、リラックスして行なうのがコツです。


rank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です