腰痛マットレスの他に今すぐできる快眠をする為に出来る3つの事

cat3

cat3
腰が痛くて困るのが、夜眠れないということです。

眠れないと疲れも取れず、さらに症状が悪化してしまいそうです。

簡単に腰痛が治らなくても、少なくとも夜は快眠してぐっすり眠りたいもの。

腰痛マットレスを持っていれば比較的快適な睡眠ができますし、寝れなくて困る。という方は少ないでしょう。

ですが、腰痛マットレスを持っていない方はちょっとした工夫をすることで改善がのぞめます。

腰痛マットレスを持って無い方の為に!寝るときの工夫で睡眠時の腰の痛みを防ぐ!

surpraise
まずは、寝る時の姿勢を工夫してみましょう。一番いい姿勢は「自分が楽に感じる姿勢」です。

腰痛は人によって原因も違えば、痛み方も違います。

ですから、実際に寝てみて一番痛くない姿勢が見つかれば、その姿勢で寝るのがいいのです。

仰向けに寝る場合は、膝の下にクッションなどの膝下枕を入れてみるとよいでしょう。

腰が伸びきらないので筋肉が緩み、痛みにくくなります。

横向きになって寝る場合には、抱き枕などを両足の間に挟んで寝てみるのもいいでしょう。

上側になった足が引っ張られずに楽かもしれません。

柔らかい寝具での睡眠をやめてみる

marshmallow
腰が痛いと柔らかい寝具にしたほうがよさそうに思えるかもしれません。



腰痛マットレスランキング2017決定版はコチラ!

しかし、実際には低反発マットレスのような柔らか過ぎるマットレスやベッドは、かえって腰の痛みを増してしまいます。

フラットにならないソファベッドやハンモックなども同様でしょう。

ハンモックに寝たことのある人ならわかると思いますが、柔らか過ぎる寝具に寝ていると寝返りが打ちにくくなります。

眠っていて無意識の間に寝返りを打つには、ある程度手ごたえのある寝具が適当なのです。

高反発素材を使ったマットレスなどは、寝返りの打ちやすさも加味して設計されていますので試してみていいでしょう。

就寝前、起床後にストレッチ体操をする事も腰痛には効果的!

stretch5
就寝前にストレッチ体操をして体をほぐしてから寝るのもいいかもしれません。

寝ている間はそんなに動きませんから、筋肉はやはり硬くなりがちです。

お風呂で温まって緩んだ状態でストレッチ体操をして筋肉をほぐして寝ると、筋肉の間の疲労物質もよく除去されて体もすっきりすることでしょう。

ストレッチ体操をすると緊張がほぐれて行き、自律神経も徐々に緩和していきますので、リラックスした状態で快眠しやすいのです。

また、寝ている間にこわばってしまった体に鞭打ってすぐに起きるのではなく、しばらく布団の中で体をほぐしストレッチ体操で血流も上げてから起きるのはいいことです。

ハッと目覚めて慌てて上体を起こした途端にギクッと腰を痛めるケースもあります。

飛行機が離陸するときは、いきなり急上昇するのではなく、滑走路でスピードを上げて徐々に高度を上げていきます。

同様に、朝起きる時も慌てず徐々にペースを上げていきましょう。

腰痛そのものはなかなかしつこい症状で、なかなか治らないかもしれません。

腰痛マットレスを使って寝ることが腰の痛みには一番ですが、いろいろ工夫をすることで快適な腰痛生活を送れることでしょう。


rank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です