高反発マットレスが腰痛改善に良い理由と効果的な使い方について

s-curve

今の時代、腰痛で悩んでいる方におススメしたいのが高反発マットレスです。

特に、低反発マットレスで腰痛を解消したいと思っていたのに、さにあらず困ったものだと感じている人には見てほしい情報です。

高反発マットレスは腰痛マットレスの中でも効果バツグン!

s-curve
高反発マットレスが腰痛に良い理由の一つは、正しい姿勢を維持しやすいということです。

多くの腰痛で悩む人が気にしているのが普段からの姿勢です。

それは、姿勢の習慣が体に、腰に大きな影響を与えるからです。

寝ている間の姿勢が良い状態でキープできると、それも体に良い影響を与えます。

人が仰向けに寝ている時、背骨は自然にS字カーブを描くのが正しい姿勢です。

ところが、柔らかすぎるマットレスに寝ると背中や腰が沈み込んでしまい、正しい姿勢をキープできません。

いわば、寝ていながら猫背になるようなものなのです。

それこそ、整形外科や治療院の先生が「ダメだよ」という猫背を、睡眠という長時間の間やってしまっていることになります。

歪んだ姿勢で長時間寝ているため、筋肉も緊張してしまい腰痛が出やすいといえるでしょう。

これではなかなか腰痛も治りにくいのです。

高反発マットレスに寝た場合は、適度な硬さがあるので体が正しい姿勢を保ちやすくなります。

一部に体重が偏らないため、体圧分散ができるのです。

体全体で体重を支えるため、面積あたりにかかる負荷が軽く分散します。

また、柔らかすぎるマットレスに寝ると寝返りがしにくい、という問題も生じます。

たいていの人は無意識のまま、一晩に何回も寝返りを打っているものです。

しかし、マットレスが柔らかすぎると起き上がるのに一苦労します。

砂浜で足を取られながら歩く様子を思い出してみてください。

とても柔らかい砂地なので転んでもケガをしたりしないでしょうが、足が取られるのでうまく力が入らず歩いても歩いても進みません。

同様に、柔らかすぎるマットレスで寝ている時には、寝返りを打とうとしてもなかなか体が回転しなくて苦労します。

寝返りが打てないと体の同じ箇所ばかりマットレスに当たり続けて血行が悪くなりがちなのです。

血行が悪いと疲労物質が除去できず、腰の疲れも取れません。腰痛へと進んでしまいます。

腰にいい、という思いで柔らかいマットレスを選んだのであれば、なおさら残念です。

一方、高反発マットレスであれば適度な硬さがありますので、寝返りが自然と打てるのです。

寝返りが打てて体が回転していると、マットレスに当たる箇所も変わり、重力の方向も変わりますので血行にはとてもいいのです。



腰痛マットレスランキング2017決定版はコチラ!

なぜ人は腰痛マットレスが必要なの?

earth
人間には体重があります。

そしてわたしたちの住む地球には重力があります。自分の重さは自分で支えなければなりません。

人間の体は正しい姿勢でいれば、自分の重さを支えられるような仕組みになっています。

しかし、問題は姿勢が悪い時なのです。

例えば、椅子に座った時に足を組むという習慣があります。

左右非対称になったその姿勢は、骨と骨のバランスを崩しかねません。

子どもが遊ぶ積み木で垂直に積み重ねていったとしましょう。

垂直にまっすぐ積んでいけば重なっていきますが、床が斜めに傾くとすぐに崩れてしまいます。

人間の背骨は傾いても崩れたりはしませんが、関節と関節の接合がズレてくるでしょう。

そのズレによって神経が圧迫されて痛みを感じる場合もあります。

また、ズレが体の他の部分をもズレるよう影響し、ズレた状態で長時間過ごすと筋肉が引っ張られて緊張してしまうのです。

猫背が習慣になると腰も痛みますし、肩も凝りやすくなってくるでしょう。

一ヶ所のズレがほかのズレとなり、体全体に波及していってしまうのです。

腰痛に良い高反発マットレスの効果的な使い方

mattress3
高反発マットレスを手に入れたら、ぜひとも効果的な使い方をしてみたいものです。

昔ながらのマットレスのように、綿布団の下に敷いて使うのは避けたいものです。

なぜかといいますと、高反発マットレスは体重ができるだけ全身に分散してかかるような「体圧分散」になるよう素材を吟味して作られています。

であるのに、その上に綿布団を敷いてしまうとその効果が台無しになってしまう可能性が高いのです。

ぜひ、高反発マットレスは単体で使いましょう

もちろん、薄いシーツを敷くのは大丈夫です。

また、素材には吸汗放湿といった便利な機能性が備わっているものが多いようです。

夜に休んでいる間にかいた汗をマットレスが吸って、昼間に放出するのです。

とはいうものの、その機能には限界がありますので、フローリングのような通気性のない床へ直に敷いて寝るのは避けたほうがよさそうです。

サイズの合ったベッドフレームに載せて使用したいでしょう。

また、時々は立てかけて湿度を効果的に放出できるよう気にかけておいたほうが長持ちします。

高機能の高反発マットレスはそれなりの値段がするのですが、腰痛にいい場合があるので上手な使い方をしていきたいものです。


rank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です