寝るときにコルセットはしたままの方がいい?効果やメリット・デメリットまとめ

anxiety2

anxiety2
腰痛がひどくなって激痛になってくると、絶えず恐怖を感じながら過ごさなけばならなくなります。

とても嫌なものです。

しかし、あのギクッ!という一撃はもう経験したくありません。

そのため、横になっても立ち上がっても変な姿勢を取ってまた痛くなりはしないか、気が気ではないのです。

そんな時に救世主ともいえる存在がコルセットです。

腰痛が辛い時はコルセットをつけっぱなしにした方が良い?

corset2
硬い素材でできたコルセットは、痛みが襲い不安になる腰を力強くサポートしてくれます。

なぜか。

コルセットは、体の動きを制限してくれるからです。

腰痛がひどい時は、普通であれば可動域といえる動きでも痛みを発してしまいます。

普段は腰の捻り具合や曲げ具合などを特に意識せずに生活しています。

それで、腰痛がひどい時もいつもの感覚でつい腰を曲げてしまい、「ギクッ!」と痛みが襲ってきてしまうのです。

しかし、コルセットを装着していると体の動きが制限されます。

曲げられないのでその分痛みを発することも減るのです。

また絶えずコルセットを感じているので、「今は腰痛が酷い時期だぞ」と自分に言い聞かせることにもなるのです。



腰痛マットレスランキング2017決定版はコチラ!

コルセットは腰痛の負荷を担ってくれる

mastle
普段は腰の筋肉で体重や、持ち上げた重量物の重みを支えていたことでしょう。

しかし、腰痛が酷い時はそれもままならないのです。

コルセットをしていれば、その重みをコルセットが負担してくれます。

つまり、アスリートやポディビルダーのような筋肉を人工で腰回り付けてくれるのです。

そのため、痛めた筋肉や神経に干渉することなく日常生活や仕事を行なっていけることになります。

コルセットにも様々な種類があります。

ハードタイプソフトタイプ伸縮性のものや硬質性プラスチックでできたものなどです。

痛みや使う状況などに合わせて、最適なものを選んで使いたいものです。

コルセットを着けていると安心!でも寝る時は外したい

corset3
そんな救世主ともいえるコルセットですが、できれば横になって寝る時には外したほうがいいようです。

それは横になっている間もコルセットを装着していると、皮膚や筋肉がコルセットとぶつかってしまい、逆に痛みの元となってしまうことがあるからです。

また、きっちりと締め付けているので血流が悪化してしまい、患部の回復を遅らせてしまうことでしょう。

どうしても痛くてコルセットを装着して寝たい場合は、ソフトタイプのコルセットを装着してみましょう。

それでも激痛が走る急性期が過ぎて数日たったならば、就寝時にはコルセットを外して寝た方が回復も早くなるのです。


rank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です