腰痛がひどくて眠れないときは病院は何科に診察に行けば良い?

thinking2

thinking2
腰の痛みがひどくてなかなか良くならない場合は、まず医療機関を受診したいものです。

でも、個人病院も総合病院も診療科がたくさんあってどこにかかったらいいのか、わからない場合もあるでしょう。

腰痛がひどい時は何科の医者に診察に行けばいい?

腰痛マットレスを使っていければそこまで突然の腰痛に悩まされる事はありませんが、使っていない方は腰痛がひどくて眠れない時があるでしょう。

今回は腰痛の際はどの医者に行けばよいのかを解説をしていきます。

まずはかかりつけの医者に相談する

doctors
近所の信頼できる個人病院や診療所の先生を「かかりつけ医」としている人は少なくありません。

つまり、何かあるとまずは相談に乗ってくれる家庭医のようなものです。

簡単な病気ならその診療所で薬を処方してくれることもあるでしょう。

また、症状が重く専門医に診てもらった方がいい場合は、その先生がふさわしい診療科の病院や総合病院の専門医を紹介してくれるのです。

自分の体のことを総合的にわかってくれ、アドバイスしてくれる「かかりつけ医」を一人見つけておくのはいいでしょう。

総合病院の総合受付でも腰痛の診察は受け付けてくれる

general-hospital
大きな総合病院にかかる場合、まずは総合受付に行くと思います。



腰痛マットレスランキング2017決定版はコチラ!

そこで簡単に症状を話すと適切な診療科に振り分けてくれます。

「腰痛」というなら、たいていは整形外科の先生に当ててくれることでしょう。

原因によってほかの診療科を紹介されることもある

examination
腰痛の原因はさまざまです。

普通は筋肉や神経のどこかが問題となっているだろうと考えるものですが、実は心理的な原因や内臓疾患が原因となっていることもあります。

整形外科では基本的な検査をして、腰痛の原因を探ります。

そしてその原因によって各診療科へ振り分けるのです。

触診や画像診断、つまりレントゲンなどでは椎間板ヘルニアのような神経や骨がかかわる症状がわかります。

こういう場合はそのまま整形外科で扱うようです。

このような筋肉や神経の問題が原因で腰痛になるというケースいちばん多いようです。

血液検査やレントゲンなどで、内科的疾患が原因となっていると判明した場合は、その原因にふさわしい診療科へと振り分けられていきます。

十二指腸潰瘍であれば消化器内科、尿路結石であれば泌尿器科、子宮内膜症や子宮がんであれば婦人科というようにです

しかし、どこを調べても原因らしい原因が見当たらないのに激しい腰痛が執拗に続く、というケースでは心理的な原因が疑われるでしょう。

もし心理的な原因で腰痛となっていると判断される場合には、心療内科や精神科を紹介されるかもしれません。

でも内臓系疾患が原因であるというケースは全体の1%ほどであるようです。

たいていは整形外科で治療を行なって、必要に応じて併設されているリハビリや療法士による治療が並行して行われていくことが多いようです。

また、整形外科の中でも腰痛専門をうたっている病院もありますので、少し遠方の病院でもそうした専門医を訪ねていく人も多くいます。


rank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です