西川のAIRは腰痛効果があるマットレス?口コミと評判を解説

soccer-ground

西川のAIRの説明とシリーズの紹介

soccer-ground
日本を代表する寝具メーカー、東京西川のコンディショニングマットレスがAIR[エアー]です。

サッカーの三浦知良、ネイマール、野球の田中将大、ゴルフの松山英樹といったトップアスリートたちを宣伝に起用し、体のコンディションに気を遣う人に良いマットレスとして販売されています。

AIR[エアー]のラインナップは以下の通りです。

・AIR SI……特殊立体クロススリット構造で横向き、仰向けどちらの際もバランスよく身体を支えてくれる究極のマットレス。

・AIR 03……波形プロファイル構造がクッション性や通気性を高めたモデル。

・AIR 01……特殊立体波形凹凸構造で眠りを深くさせる体圧分散と寝姿勢維持を高めたモデル。

・AIR DR.CERA……電位と温熱効果で血行を促進し、体を温めるマット。

・AIR LAYER……体積の98%が空気層という心材であるエアーレイヤーベースで寝心地アップ

その他、モバイルマットやストレッチマット、またクッションなどをラインナップしています。

西川のAIRの特徴

deco-boco
AIR[エアー]のマットレス上層部のウレタン素材に多数の凸凹を作り、体重がかかった一点ではなく多数の点で体重を支えるのが特徴です。

身体への負担を軽減させる体圧分散ができるからです。

ポケットコイルマットレスの独立コイルと発想は似ているでしょう。

AIR[エアー]の上層部には1000個以上もの山が作られています。

面ではなく点で支えるために圧迫感が緩和され、血行を阻害しないのです。

また、1000個以上の山は、3×3の9個をひとブロックとして独立しています。

体重がより重くかかるブロックは沈み込み、周囲のブロックは沈まないという機能によって、身体のカーブにフィットしたマットレスとなっています。

AIR[エアー]のマットレスの下層部はしっかりと全身を支え、寝ている時の姿勢をキープします。

凸凹の上層部が体を包み込み、下層部が押し上げてくれることで、柔らかすぎず硬すぎないマットレスを実現しています。

また、AIR[エアー]のラインナップにはアイテムごとに2種類のバリエーションを選択できるようになっています。

三層構造になっているウレタンフォームの中間層を硬めのものにした「ハードタイプ」と、中間層のウレタンフォームを柔らかめにした「ベーシックタイプ」の2種類です。

さらに、2種類の厚さも選択できるようになっています。

畳や床に直接敷くことができ、またマットレスの上に重ねることもできる「マットレスタイプ」と、単体でベッドマットレスとして使える「ベッドマットレスタイプ」の2種類です。

西川のAIRの腰痛効果を検証

muscle
スポーツ科学を研究する早稲田大学の調査では、、AIR[エアー]に寝ている間の筋肉の活動量が減っているとの計測結果が出ています。

普通人間は、寝返りを打つ時には筋肉を使用して身体を回転させているのですが、、AIR[エアー]の上では筋活動が少なくてすむのです。



腰痛マットレスランキング2017決定版はコチラ!

つまり、硬すぎず柔らかすぎない寝返りしやすいマットレスだということが、科学的に計測できたのです。

もともと腰痛に悩まされていたというユーザーから、痛みが緩和されたとの声が届いています。

AIR[エアー]にしてから、睡眠がより深くなったといえます。

そのせいか、起床時の腰の痛みが解消されてしまいました。ビックリです。

寝起きの腰が楽でいい。寝るのが楽しくて、夜も早くふとんに入りたくなります。

もともと腰痛持ちなので、体を横たえても痛みが気になって眠りに就けなかったんです。

それも毎晩、長時間うつらうつらとしているのです。

身体も気持ちも休まらず、腰の疲労がますますひどくなっていく、という悪循環に陥っていました。でもAIR[エアー]にしてからよく眠れるようになりました。

夜眠れると疲れも回復するので、身体も気持ちも元気でいられます。

事実、西川のAIRは本当に良質なマットレスです。本サイト【決定版】腰痛マットレス人気ランキング|おすすめの選び方と比較でもAIRはランキングでも過去に選出しています。

西川のAIRの口コミと評判

cat3
最初は凸凹のAIR/エアーを見た時に「寝にくそうだな~」というのが正直な感想でした。

卵のパックを逆さに並べたみたいなんですから。でも実際に店頭で寝てみてびっくり!

これが気にならないんですね。それだけでなく、す~っと眠りに入ってしまいそう……。

思わず人目のある店頭であることを忘れて眠りに引きずり込まれそうでした。

AIR/エアーには「ハードタイプ」と「ベーシックタイプ」の2種類があるのですが、どちらが自分に合っているかは実際に店頭で体を沈めてみて確かめたほうがよさそうに思います。

体重の軽い人がハードタイプに寝れば硬すぎると思いますし、体重の重い人がベーシックタイプを選んでしまうと底付き感を感じるかもしれないと思います。

よく見ると、凸凹のマットレスのあちこちに穴が開いています。これは湿気がこもってしまわないようにという通気孔なんです。

カバーにもメッシュ部分がありますし、カビ対策としていいのではないかと思います。

寝ている時に無駄に入っていた力みがすっと無くなりました。

筋肉が弛緩して休まっているな、と実感する思いです。

自分の体を安心して預けられる状態なら休まるので、それは大事なんだなと思いました。

妊娠中なのですが、これまでの普通の敷布団よりずっと腰が楽になりました。

妊娠中はとにかく腰が張って張ってしんどいのですが、楽に寝られると疲れもとれてくれるので助かります。

赤ちゃんにとってもいいかなと思います。

スポーツした翌日の筋肉痛が、AIRで寝るとない!

これまで運動後にあれだけ痛くて辛抱たまらなかった筋肉痛がウソみたいです。血行が良くて疲労物質が取れているのかも。

西川のAIRを使ってから腰痛が楽になりました!

ちょっと高いなと思いながらも何年も使うことを考えたら安いかな?と思って購入しました。結果大正解でした。今では腰だけではなく体がすごく楽になりました。

AIRは私には合いませんでした。だけど弟にはありました。

有名なスポーツ選手が使っているという事もあり購入をしました。ですが私には合っていなかったようです。大学でスポーツをしている弟にプレゼントしたのですが弟はすごく熟睡できているし身体も楽になったようです。個人差はありますよね。

モットンと迷って西川のAIRを選びました

紹介されていたモットンマットレスと迷って有名だったAIRを購入しました。腰痛に良いかと言われると自信は持てませんが著名人が使っているだけあってよいマットレスだと思います。

実はその後に妻用にモットンのマットレスも購入しているのですが、サイトにも書かれている通り体全体なら西川のAIR。腰痛ならモットンという印象でした。目的に合わせて選んだらいいと思います。


rank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です