腰痛と足のしびれは関係あるの?足の痺れにも腰痛マットレスはおすすめ!

anxiety3

anxiety3
足のしびれに悩まされている人も多いことでしょう。

  • うまく力が入らない。
  • しびれて感覚も鈍くなってきた。
  • 立ち仕事を続けていると、だんだんとしびれてきて辛い。

こうした症状の原因がにある、というケースもあるのです。

腰痛と足の痺れの関係について

seiza

足がしびれる原因は、神経が圧迫されているからです。

神経は体全体を行きめぐっている伝達機構です。

痛みや温度、感触などを脳に伝えます。

足で感じる温度や痛み、感触などは坐骨神経という長い神経を伝わって脳へ伝達されていきます。

頭から腰までは脊椎に神経が通っていますが、腰のあたりで左右に分かれた坐骨神経が脊椎から出てきます。

そして骨盤の穴を通って両足へと伸びていきます。

この骨盤周りが複雑に入り組んでおり、ちょっとしたズレなどで神経を圧迫しやすいのです。

坐骨神経痛の原因箇所

bone3
坐骨神経を圧迫してしびれの原因となりやすい箇所がいくつかあります。

梨状筋と呼ばれるお尻の筋肉に挟まれてしまうのが、梨状筋症候群というものです。

坐骨神経痛の9割以上はこの梨状筋症候群ともいわれています。

また背骨の腰の部分を構成する腰椎がズレてしまったり、変形してしまい、普通なら触らない神経を圧迫してしまうこともあります。

変形性脊椎症腰椎症、すべり症などともいいます。

さらに腰椎と腰椎の間に挟まっている軟骨が飛び出してしまうのが椎間板ヘルニアです。

これも神経を圧迫してしびれや痛みの原因となるのです。



腰痛マットレスランキング2016決定版はコチラ!

過労からくるしびれ

anxiety-lady
ワーカホリックに多いのが、働き過ぎからくるしびれです。

人間の体は、使えば損傷します。

歩くだけでも筋肉繊維が断裂し、寝ている間に修復するという繰り返しをしているのです。

しかし、栄養を取らなかったり休息をとらなかったりすると、疲労した部分の修復ができません。

筋肉繊維も断裂した状態のまま翌日さらに酷使してしまえば、徐々に断裂がひどくなり炎症を起こしかねないでしょう。

こうした疲労は初めは痛みとしてでてきます。

それを我慢して酷使を重ねると次第にしびれてきます。

しびれた状態でも無視して働き続けると、いつか麻痺となってしまいます。

こうした悪化はたいてい足先から徐々に上ってきて、腰が悪くなり、肩が凝り、全身がだるくなってきます。

足のしびれはこうした過労の警報である場合もありますから、自分の生活スタイルを見つめ直すことが重要でしょう。

しびれを軽く見ない

chair-snow
しびれているだけだ、痛くないしちゃんと歩ける、としびれているのを放置してしまうのはよくありません。

しびれている、ということは神経の伝達が落ちているということです。

その状態を放置してしまうと、悪化すれば麻痺につながります。

麻痺してしまうと、傷ついても痛みを感じません。

極端なことを言えば、出血していても足が切り離されていても気が付かないかもしれないのです。

そうなればにもかかわります。

しびれている、ということは警報が鳴っていることと同じです。

何かが不具合であり、調整が必要だからしびれるのです。

ですから、足がしびれて治らないなら原因を探り、治療していきたいものです。

その原因が日常生活の姿勢の悪さであれば改善し、腰椎周辺のズレであれば治療し、骨盤の不具合であれば調整して治したいものです。

腰痛マットレスを使うことで腰の痛みを治しながら足の痺れを和らげる

普段の生活からくる腰の痛みだけでなく足のしびれにも効果をもたらしてくれる可能性があるのが腰痛マットレスです。

腰痛と睡眠はとても深い関係があります。また、足の痺れも腰痛と関係が深いという事は今回の記事でお伝えした通り揺るがない事実です。

そんな時、腰痛マットレスを使って寝る事で足の痺れをやわらげながらも、腰痛を治す事が可能になります。

是非参考にしてみてください。


腰痛マットレスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です